歴史の世界

先史:中国における農耕の起源について

中国の初期農耕は黄河流域(華北)がアワ・キビ、長江流域(華中)はイネ(コメ)とされる。どちらの起源もよく分かっていないらしい。

まずはイネの起源の方から書いてみる。

イネの栽培の起源と農耕文化

ここでは栽培と本格的な農耕を別に考える。

まずイネが野生種から栽培種に変わる話。

イネの栽培種(Oryza sativa)の祖先である野生種=ルフィポゴン(oryza rufipogon)の生息地と栽培化の起源が判明したという研究結果がネイチャーに2013年10月に発表された(遺伝:イネゲノムの変異マップから栽培イネの起源が判明)。研究者の一人である倉田のり教授(国立遺伝学研究所)がインタビューに答えている。

――具体的に、どのようなことがわかったのでしょう?

ジャポニカの最も古い系統をたどっていったところ、中国、珠江の中流域に行き着き ました。そのジャポニカ系統につながった野生イネの生息地もまた、珠江の中流域であることがわかりました。また、インディカ系統についても調べたところ、 やはり珠江中流が起源で、インディカ系統につながった野生イネの生息地も、同じ珠江の中流域でした。これらのことは、珠江の中流域において「倒れにく い」、「実が落ちにくい」といった栽培に適した野生系統のあるイネが選び出されて稲作がはじまり、やがてジャポニカ系統は単一系統由来のものとして、また インディカ系統は各地の野生イネ系統と交配しながら、アジア各地に広がっていったことを端的に示しています。

また、中国大陸から日本に伝わっ たジャポニカ系統と、タイ、ベトナム、インドなどに広がったインディカ系統とでは、遺伝的な距離がかなり大きいことも明らかになりました。ほぼ同一の祖先 をもちながらも、栽培化のための選択圧が約1万年も加わった結果、遺伝的にかなり異なる2つの系統に進化したことが伺えます。

出典:インタビュー 第15回 イネの栽培化は、中国の珠江流域で始まった! <国立遺伝学研究所

  • 野生種ルフィポゴンの生息地は珠江の中流域(原産と思ってよいのか?)。
  • 栽培化の起源も珠江の中流域。
  • 野生種ルフィポゴンは「倒れにく い」、「実が落ちにくい」といった特徴があったため選び出されて栽培化された。
  • 初めの栽培化で出来たのがジャポニカ種
  • インディカ種はジャポニカ種が野生イネ系統と交配した結果 出来た。
  • 栽培化の起源は1万年前。

2012/10/26付のマイナビニュース *1では《研究チームは「今回のわれわれの解析で、イネの起源地と栽培化のプロセスが明らかとなり、長い論争に終止符を打つことができた」としている》とまで語っている。

これを証明する「現物」は発見されたのだろうか?今のところネット検索では探せていない。この論文の言うところの珠江の中流Figure 4b)は南シナ海に近い高温多湿の気候だから遺物が残っていないのか?

『神話から歴史へ』*2によれば、中国の新石器時代前期にあたる農耕文化が栄えた時期になっても珠江流域は狩猟採集文化のままだった。農耕文化になるのは紀元前3000年以降になる。しかも遺跡に栽培イネが現れるのもこの時期が初めてだと書いてある。

可能性としては、珠江の中流域で栽培化が成功されたものの、何らかの影響(気候変動とか?)で不必要になったため、当地では栽培技術を捨ててしまったが、栽培技術を必要とした地域がそれを採用した。つまり珠江の中流域に近い長江の中流域の人々が栽培イネと栽培技術を輸入して、農耕文化にまで育てた、というシナリオが考えられる。

長江中流域の最初の農耕文化は彭頭山文化で前7000年前後から始まる(厳密な年代は未確定)。

また新しい情報を入手したら書き直そう。

アワ・キビの栽培化と農耕の起源について

アワ・キビの栽培化および農耕の起源については確かなことは分かっていない。

前述の『神話から歴史へ』(p197)や『農耕起源の人類史』*3では、その候補地を賈湖遺跡(前7000年~)があるイネとアワ・キビの農耕文化が重なる地域と想定している。ただし 二つの書籍とも「イネの栽培化の起源は長江中流」を前提にしている。

こちらはイネの問題よりも時間がかかりそうだ。

黄河流域の最初の農耕文化は裴李崗文化(はいりこうぶんか 前7000年~)。



中国の先史は「中国文明」のカテゴリーでやろう。

*1:ゲノム解析でイネの起源は中国・珠江の中流域」

*2:宮本一夫/中国の歴史01 神話から歴史へ(神話時代・夏王朝)/講談社/2005年/p205

*3:ピーター・ベルウッド/農耕起源の人類史/京都大学学術出版会/2008(原著は2004に出版)/p184

広告を非表示にする