歴史の世界

先史:ホモ・サピエンスの大拡散:オーストラリア・日本編

f:id:rekisi2100:20170722093313p:plain
Homo sapiens migration map, based upon DNA markers

出典:Prehistoric Asiawikipedia

上の図はどの程度有効なのかよく分からないがとりあえず載せておく。

オーストラリア編

現生人類は、5万年前にはオーストラリアに到達していた。しかし、こうした初期の移住者たちが、地球上で最も乾燥した大陸の中でもより乾燥した内陸部での暮らしを可能にする高度な技術を備えていたのかどうか、備えていたとすればそれをいつ編み出したのかについては、いくらか疑問視されてきた。だがその答えは、そうした技術は確かに存在し、しかも短期間で開発された、というものだったようだ。G Hammたちは今回、南オーストラリア州フリンダース山脈の岩窟住居で発見された、約4万9000年前というオーストラリア内陸の乾燥地帯における既知で最古の人類定住例を報告している。この遺跡の岩石に見られる層状構造からは、骨角器やナイフ形石器、赤土および石膏といった顔料などの技術の、オーストラリアにおける最古の使用例を示す痕跡が発見された。[以下略]

出典:オーストラリア内陸の乾燥地帯に最初に踏み入った人類の痕跡< Nature 539, 7628<Nature ハイライト<2016年11月10日

上より詳しく書いてある記事を貼り付ける↓

 人類が豪州に到達したのは、今から約5万年前と考えられている。だが、内陸部の乾燥地帯に定住した時期や、道具の使用、古代動物との接触などについては、これまで議論が分かれていた。

 豪ラトローブ大学(La Trobe University)などの研究チームによると、豪サウスオーストラリア(South Australia)州の州都アデレード(Adelaide)から450キロ離れたフリンダース山脈(Flinders Ranges)での今回の発見は、4万9000年前~4万6000年前の時期に、人類がその地に居住していたことを示しているという。

 英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された研究論文は、「南部内陸部にあるワラティ(Warratyi)岩窟住居で収集されたのは、(およそ4万9000年前という)これまで伝えられていたよりも(1万年)早い時期までに、人類が豪州の乾燥地帯に居住していたことを示す証拠だ」と述べている。

 また、堆積物の地層から採取された遺物は、骨角器(4万年~3万8000年前)や、赭土(しゃど)のような顔料(4万9000年~4万6000年前)などの技術が当時、使用されていたことを示していた。これは、豪州で知られている最古の使用例だ。

 今回の研究を率いたラトローブ大の考古学者、ジャイルズ・ハム(Giles Hamm)氏は、記者団に「これは、豪州沿岸部におけるこれまでの研究を補完するもので、4万5000~5万年前という年代の境界に適合している」と語った。

「これまでと異なる点は、これが大陸内の最南にある最古の遺跡であることだ。これは、彼らが大陸の周囲と内陸部を非常に速やかに移動していることを示している」

「人類が5万(年前)の時点で流入しているとすると、それはおそらく、あらゆる方向に人々が移動していたことを意味すると思われる。今回の研究では、この疑問への追加のデータとなり得る遺伝学的証拠が新たにいくつか得られている」

 今回の研究では、4300点に上る人工遺物と、総重量3キロの骨、赭土、植物片などが採取された。[以下略]

出典:豪州内陸部の人類定住、通説より1万年早い 研究<AFP<2016年11月03日

  • オーストラリア進出は『5万年』というのが有力な説の一つらしい。

舟の存在について

海水の大部分が氷河であった最終氷河期には、世界各地の海水面は現在の水位より数百フィートも低かった。そのため、アジア大陸と、スマトラ、バリ、ジャワ、ボルネオなどのインドネシア諸島とのあいだの浅いところは陸続きであった(ベーリング海峡英仏海峡なども同じであった)。また、ユーラシア大陸の東南アジア部の海岸線は、現在の位置より700マイル(約1120キロ)も東にあった。しかし、バリ島とオーストラリア大陸のあいだは深い海峡で隔てられていて陸続きではなかった。その時代、アジア大陸からオーストラリアやニューギニアに到達するには、少なくとも八つの海峡を渡らなければならず、それらの海峡のいちばん広いところは少なくとも50マイル(約80キロ)はあった。多くの島からは近隣の島々が見えたが、オーストラリアだけは、もっとも近いティモール島やタニンバル諸島からでさえ視界におさめることのできない距離にあった。したがって、オーストラリア・ニューギニアに人類が行くには舟が必要であった。歴史上、初めて舟が使用されたことを証明するものとして、この地域への人類の進出がもつ意味は大きい。

出典:ジャレド・ダイアモンド/p57-58

最終氷期の頃の予想地図↓

f:id:rekisi2100:20170205132756j:plain
The map shows the probable extent of land and water at the time of the last glacial maximum and when the sea level was probably more than 150m lower than today; it illustrates the formidable sea obstacle that migrants would have faced.(拙訳:この地図は最終氷期のおおよそ陸と海域の位置を示している。この時は海水面は現在より150mよりも低かった。この90km弱の海峡は移住者が直面した恐るべき障害であった。)

出典:Prehistory of Australia<wikipedia英語版*1

ダイアモンド氏は舟の遺物については書いていないが、状況証拠について書いている。

最近になってわかったことは、ニューギニアに人類が住みはじめてまもない35000年前頃には、その東に位置する島々にも人類が住んでいたということである。この驚くべき発見がなされた島々とは、ビスマーク諸島のニューブリテン島とニューアイルランド島、それにソロモン諸島のブカ島である。なかでもブカ島は、その西側にあるもっとも近い島からでさえ見えない位置にあり、会場を100マイル(約160キロ)渡らないと到達できない。おそらく、初期のオーストラリア・ニューギニアの住民は、見えるところにある島には渡ろうという意思をもって渡っていたのだろうし、意図はせずとも、頻繁に船を使っていたために、見えないほど遠くにある島々にも移り住むことができたのだろう。

出典:ジャレド・ダイアモンド/p58

日本編

航海の歴史については日本にもある。

国立科学博物館「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」とは?

新たな発見:祖先たちは偉大な航海者だった!?

最初の日本列島人は、3万年以上前に、海を越えてやってきたことがわかってきました。その大航海の謎に迫るために始動したのが、このプロジェクトです。

3万5000~3万年前に、突如として現われる琉球列島の人類遺跡。これは人類が海を渡り、遠くの島へ進出できるようになったことを物語っています。

f:id:rekisi2100:20170722093443p:plain
琉球列島の主な旧石器時代遺跡と現在の黒潮流路
背景地図:九州大学 菅浩伸 based on Gebco 08 Grid

f:id:rekisi2100:20170722093607p:plain
想定される3万年前の地形と3つの渡来ルート
背景地図:GeoMapApp

偶然の漂流ではなかったはずです。多数の男女が集団で渡らなければ、島で人口を維持できません。さらに本州では、3万8000年前に伊豆の島から黒曜石を運び込んでいた証拠があり、当時から意図的な航海が行われていたことが明らかです。

沖縄の島への進出は、当時の人類が成し遂げた最も難しい航海だったに違いありません。数十から200 km以上に及ぶ島間距離に加え、世界最大の海流である黒潮が、当時も今のように行く手を阻んでいた可能性が高いからです。

出典:3万年前の航海 徹底再現プロジェクト/国立科学博物館/-2017

広告を非表示にする