歴史の世界

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先史:南北アメリカ大陸の農耕の起源について

紀元前3000年頃までは、アメリカ先住民すべてが基本的には狩猟採集民であり、異論もあるがおそらくはいくつかの熱帯地域では初期段階から園芸をおこなっていた。[中略] エクアドル南部やペルー北部のいくつかの地域では例外的にきわめて早期にみつかっている…

先史:ニューギニア高地における農耕の起源について

『農耕起源の人類史』*1には農耕の起源地として西アジア、中国のほかにアフリカと南北アメリカ大陸とニューギニア高地を挙げている。 この記事ではニューギニア高地について書く。ニューギニア高地という言葉自体聞きなれていないので、まず場所の説明から入…

先史:中国における農耕の起源について

中国の初期農耕は黄河流域(華北)がアワ・キビ、長江流域(華中)はイネ(コメ)とされる。どちらの起源もよく分かっていないらしい。 まずはイネの起源の方から書いてみる。 イネの栽培の起源と農耕文化 ここでは栽培と本格的な農耕を別に考える。 まずイ…

先史:文化の衰退~PPNB後期と土器新石器時代

PPNB期に「新石器革命」、すなわち農業を基本とする生活様式が確立した。この人類の(狩猟採集から食料生産への)生活様式の転換は生活の安定をもたらし、人口は急激に増え、文化も育った。 しかし数百年に及ぶ繁栄した文化を支え続けてきた森林がついに…

先史:農業の誕生(新石器革命)と西アジアの新石器時代初期

寒冷なヤンガードリアス期が終わると温暖期が到来する。この画期は地質年代(地質時代)における更新世から完新世への移行期だ(ヤンガードリアス期は更新世の一部。ヤンガードリアス期や地質年代については当ブログ記事「最終氷期/ヤンガードリアス期/完…

先史:ナトゥーフ文化後期(ヤンガードリアス期)

ヤンガードリアス期とナトゥーフ文化後期 ヤンガードリアス期とは亜氷期(亜氷期については「氷河期/氷期/間氷期/氷河時代」参照)のこと。寒冷な時代。地球規模の現象だが主に北半球に大きな影響を与えた。 出典:ヴォルフガング・ベーリンガー/気候の…

先史:ナトゥーフ文化~「定住革命」

先史の最大のイベントは農耕の誕生(農業革命)なので、その手前にある「定住の始まり」というイベントにはスルーされがちだ。近年の発掘と研究の結果、定住型の狩猟採集民の生活が分かるようになってきた。 「定住→農耕の誕生」 定住しなかった人類 定住の…

先史:定住型文化の誕生~ナトゥーフ文化

ナトゥーフ文化の期間は、「Natufian culture<wikipedia英語版」によれば、前12500-9500年だが、後期の千数百年間はヤンガードリアス期という亜氷期と重なるため、全く違う文化だと思う。この記事では前期の話のみを書く。 気候 出典:ヴォルフガング・ベー…

先史:2万年前~(ケバラ文化/マドレーヌ文化)

2万年前は最終氷期の最中だが、ホモ・サピエンスはその寒さを克服しながら文化を創出した。 2万年前 オハロII遺跡 ケバラ文化(ケバラン kebaran)とその後 ケバラ文化 その後 マドレーヌ文化 2万年前 出典:ヴォルフガング・ベーリンガー/気候の文化史 …

先史:ネアンデルタール人の文化からホモ・サピエンスの文化へ

少し前にホモ・サピエンスの出アフリカの記事を書いた。「出アフリカ」の前後の西アジアとヨーロッパはネアンデルタール人が「支配」していた。彼らの文化はムスティエ文化(ムステリアン、Mousterian)と呼ばれ、中期旧石器時代に入る。 ホモ・サピエンスは…

先史:ホモ・サピエンスの大拡散:アメリカ大陸編

新大陸、南北アメリカ大陸への進出は最終氷期に地続きになった「ベーリング陸橋(地峡)」を渡って達成したというのが通説だが、舟によって達成されたという説もある。併せて紹介する。 出典:ジャレド・ダイアモンド/銃・病原菌・鉄 1万3000年にわた…

先史:ホモ・サピエンスの大拡散:ヨーロッパ編

驚いたことに、ホモ・サピエンスのヨーロッパ進出はオーストラリア進出よりも後になる。ホモ・サピエンスは移住候補地に、近い寒冷な場所より遠くても温暖な場所を好んだようだ。 「45000年前」という数字 ヨーロッパに進出したホモ・サピエンスはクロマニョ…

先史:ホモ・サピエンスの大拡散:オーストラリア・日本編

Homo sapiens migration map, based upon DNA markers 出典:Prehistoric Asia<wikipedia 上の図はどの程度有効なのかよく分からないがとりあえず載せておく。 オーストラリア編 現生人類は、5万年前にはオーストラリアに到達していた。しかし、こうした初…

先史:ホモ・サピエンスの「親戚」、絶滅する

現在、人類と言えば我々ホモ・サピエンスの種しかいない。しかし数万年前までは人類は数種類いた。同時代に生きていた人類を整理してみる。 ネアンデルタール人 ネアンデルタール人の絶滅 フローレス人 デニソワ人 ホモ・サピエンス、唯一の人類になる 以前…

先史:ホモ・サピエンス:出アフリカ/文化の"爆発"

前回に引き続き、今回もNHKスペシャル取材班『ヒューマン~なぜヒトは人間になれたのか~』を中心にして記事を書く。 ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか作者: NHKスペシャル取材班出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: …

先史:ホモ・サピエンスの「心の進化」/現代的行動

「心の進化」の問題はおそらく進化心理学の分野になると思うが、それを専門とする書籍は一冊も読んだことがない。 ここではNHKスペシャル取材班『ヒューマン~なぜヒトは人間になれたのか~』の第1章「協力する人・アフリカからの旅立ち~分かち合う心の…

先史:ホモ・サピエンスの誕生

ホモ・サピエンスとは現生人類、つまり現代に生きる人間のことである。生物としてのホモ・サピエンスがいつ生まれ、どのように発展していったのか。 ホモ・サピエンスの誕生(起源) ミトコンドリア・イヴ 絶滅の危機:トバ火山大噴火 ホモ・サピエンスの誕…

旧石器時代/中石器時代/Epipaleolithic

先史時代は石器時代に入る。この記事では旧石器時代と中石器時代とEpipaleolithicについて書く。Epipaleolithicについては後で説明する。 近年において先史時代の研究や測定技術の発達のおかげで、各時代の年代(期間)が見直されている。以下の記事は古い参…

最終氷期/ヤンガードリアス期/完新世

現在から見て最後の氷河期が終わると人類は農業をするようになった、と言われる。 農業の始まりについては別の記事で書くとして、この記事では最後の氷河期(最終氷期)の終末の前後について書く。 この記事では数字に多少のズレがあるが、すべて「およその…

地質年代(地質時代)

カンブリア紀とかジュラ紀とか白亜紀などという言葉を耳にしたことがあるだろう。これは地球の歴史の時代区分。 地質時代 ちしつじだい geological age 地質学が対象とする地球の歴史を相対的な時間関係で区分した年代。地質年代ともいう。地層の重なりと地…

氷河期/氷期/間氷期/氷河時代

氷河期/氷期/間氷期などの用語は歴史上の気候変動を理解するために必要になるので、これらの言葉を理解するために記事にしておく。 「氷河期」という言葉と氷期/間氷期 氷期のこと。氷河時代のうち、特に気候が寒冷で氷河が発達した時期。 出典:大辞林<…

先史シリーズを書く

これから先史シリーズを書く。「先史」カテゴリーに保存する。 「先史」の意味 先史時代 先史時代は、「歴史時代(有史時代)」以前の歴史区分に当たり、文字を使用する前の人類の歴史である。 出典:先史時代<wikipedia 「歴史時代」とは文献的資料すなわ…